Skip to Main Content

サービス展開: 米アナーバーでの無料公共交通

私たちは単なるタクシーサービスではなく、自動運転によるマイクロトランジットサービスの提供を目指します。地域社会と協力し、交通網のギャップを埋めていきます。

May Mobilityは自動運転技術によるスマートシティの実現に取り組みます。May Mobilityのホームタウンであるミシガン州アナーバーでは、安全で利用しやすい無料の公共交通を提供することを意味しています。

私たちは単なるタクシーサービスではなく、自動運転によるマイクロトランジットサービスの提供を目指します。地域社会と協力し、交通網のギャップを埋めていきます。Via、Mcity、4M、Ann Arbor SPARKとの協力により提供されているA2GO(英語)サービスは、ダウンタウンの通りを運賃無料で移動できるものです。A2GOサービスは、何度乗っても、どんな時間帯に乗っても、どこに行っても無料です。


カスタマーサクセスマネージャーのAllison Hegartyは次のように述べています:「私たちは公共交通システムを補完する方法を模索しており、現在アナーバーでそれを実践しています。例えば、アムトラックの駅まで行き来する公共交通がないため、それを解決したいと考えました。無料送迎サービスを活用して、通勤・通学や買い物だけでなく、駅のエリアまで乗り継いでいるという乗客の声を聞いたことで、私たちは新たなルートを見つけ、人々を街中で安全に移動させることができるようになっています」。

また、市内のケリータウンや4M Venue、ヨストアリーナ、ミシガン大学キャンパス(「ダイアグ」広場を含む)など、主要な場所に行くことができます。無料乗車はMay Mobilityのモバイルアプリ(AppleおよびGoogle Playで入手可能)を使用し、月曜日~金曜日の午前8時~午後8時の時間帯でピックアップロケーションのいずれかで乗車依頼をするだけです。


その他のニュース&ストーリー

View All

May Mobilityとの移動体験: 簡単で便利な交通サービスの取り組み

2月 14, 2023

レベル4: 都市をより良くする自動運転

2月 8, 2023

公共交通の進化: 自動運転マイクロトランジット

11月 10, 2022

May MobilityとVia、車椅子対応ADA準拠の福祉自動運転車両を使用する 初の実証実験を開始

9月 28, 2022

May Mobility、米ミネソタ州グランドラピッズにおける展開を新たに発表し、マイルストーンを達成

7月 27, 2022

May Mobility がルートソリューションの策定プロセスについて: 人々の声に耳を傾け、テストを行い、調整を行います

4月 14, 2022

米アーリントンにおけるサービス展開: 2024年まで継続

4月 6, 2022

A2GO自動運転シャトルサービス、2021年10月11日より米アナーバーで開始

9月 21, 2021

May Mobilityが日本に展開: Autono-MaaS実証実験で日本でのシャトル運行を開始

12月 4, 2020

5月のモビリティをあなたの地域へ

私たちは、交通機関、都市、キャンパス、組織、企業などのモビリティ・エコシステムに自律性をもたらし、長期的な交通ギャップを埋めるために、彼らがいる場所で出会うことが大好きです。パートナーになる準備はできていますか?話をしましょう。

  1. お問い合わせ